♬さくみちゃんそん♬

2015年

1月

24日

ウィルピュアの秘密

日本では食材としてあまり馴染みのないトサカですが、

実は、海の向こうフランスや中国では宮廷や王宮の料理として

食べられていました。

宮廷や貴族の女性たちは、いつの時代もそうですが

美しくありたいと強く願っていましたし

そのためにはあらゆる方法を試していたのです。

当然その方法の中には、「食べて美しくなる」という

選択肢もあり、そのためには多額の出資を惜しみませんでした

お金と権力にものを言わせて最高の腕を持つシェフを集め

最高の食材を探し求め、「美しくなれる料理」を

作り上げていったのです。

そんな最高傑作の中に

ニワトリのトサカを使った料理があったのです。 

 

16世紀、イタリアの大富豪メディチ家からフランス王家に嫁いだカテリーナ(仏:カトリーヌ)は

現在のフランス料理の基礎を築いた人だと言われていまが

この貴婦人が好んで食べたものに

トサカ料理があっということです。

その時代でも、美容食材としては知られていたようで

若さや美しさを求める気持ちは今も昔も変わらないのです。また、同じように中国の王宮でも、高級料理としてトサカが食べられていました。

トサカには、若さの源の成分であるコラーゲン(たんぱ質)やヒアルロン酸(多糖類)などが、タップリ含まれていることが、研究者によって見出され

広く知られるようになっています。

ですから、中世のフランスや中国で、トサカを美容食材として食べていたということは、ある面

理にかなっていたと言えるのです。

ところが、当時の人々は“最高の食べかた”を

していなかったことが明らかになっています。

それは、折角の美容成分である、コラーゲンやヒアルロ酸は、そのまま食べたのでは、ほとんど身体に取り込むことが出来ないからなのです。美容に良いのかどうかの判断材料としては、食の素材自体の良さも当然必要ですが、もっと重要なのは、大切な成分がキチンと体内に取り込まれるかどうか、という点なのです。

 

 

 

実は、トサカを普通に食べてしまうと、トサカに含まれるせっかくの美容成分は、体内に取り込まれにくいのです。カテリーナは、トサカをパテにして食べることを好んでいたようですが、トサカの持つ美容成分である、

コラーゲンやヒアルロン酸は、煮ても焼いても人の体には、

そのままの形では取り込まれにくいのです。

 

 

この美容成分の宝庫であるトサカを、「食」として丸ごと処理をして、それらの成分を体に取り込みやすい形にする―そのための酵素処理技術を開発したのが、ウィルピュアの生みの親、若山祥夫博士なのです。 美容に良いと信じて食べ続けていた昔の王妃や貴族たちがこの事実を知ったら、とても羨ましがることだろうと思います。

 

 

 

 

ニワトリのトサカを丸ごと、独自の技術によって常温で酵素処理すると、ニワトリのトサカに含まれる成分を一切捨てずに、有効な働きをする成分を身体に取り込みやすい形にした原料が出来あがります。この原料を、若山博士はW-HA(ウィルヒアルロン酸)と名付けました。W-HAは、トサカを丸ごと処理して得られた原料ですから、その中には、トサカに含まれる成分である、ヒアルロン酸、コラーゲンやビタミン、ミネラルなどの美容有効成分をたっぷり含んでいるのです。
巷にあふれるヒアルロン酸やコラーゲン含有をうたう健康食品の多くは、単なる物質の寄せ集めにすぎません。W-HAは、トサカの完全分解化技術によって生まれた究極の美容素材=「食」の素材ですので、単なる物質としてのヒアルロン酸やコラーゲンとは、まったくレベルが違うのです。

 

 

 

このようにしてニワトリのトサカから誕生したW-HAに、

サメの軟骨を同じように丸ごと分解して取り出した

ウィルコンドロイチン硫酸(W-CO)などを加えて

ソフトジェル粒に仕上げたものが“ウィルピュア”です。

ヒアルロン酸もコンドロイチン硫酸も、

体の中の多くの重要な部位で水分保持をしている生体成分で、

多くの器官に含まれているムコ多糖類の一種。

特に潤滑力を必要とするところには必ずと言っていいほど

存在している成分ですが、年齢とともに減少し、

新陳代謝の低下や関節などの機能低下を引き起こします。

乾燥肌がシワに、血行不良は肌のくすみに、関節や骨、

目や毛髪の悩みもこれらの栄養素の不足が原因なのです。

そして、そういった症状を感じたら、

ぜひ一度“ウィルピュア”をお試しください。

「違い」が実感いただけるはずです。

 

 

0 コメント

2012年

10月

10日

トレーニング成果

10月に入りましたね。

 

子どもの体力のピークとされる1985年ごろには及ばないが、

 

今年は子供の体力が向上しているとのこと。

 

健康ブームを反映して50代以上も向上したが、

 

20~30代女性と30代男性は低下傾向を示した。

 

というニュースが先日報道されていました。

 

 

20代、30代の皆さん頑張らないとですね。

 

確かにSante be Aileの加圧にいらっしゃる方々も

 

40代~50代の方がかなり多くて

 

みなさんかなり元気にトレーニングされるんですよね。

 

20代、30代負けてはいられません。

 

 

今日は最近の私のトレーニング成果を

 

アップしてみました。

 

Sante be Aileの加圧トレーニングで

 

あなたの体甦らせましょう!!

 

 

続きを読む 0 コメント

2012年

9月

03日

オプションメニューのご紹介

Sante be Aileの加圧トレーニングには

 

オプションメニューが付けられます。

 

その日の気分にあわせて選べるので、毎回違った楽しみがあります。

 

今日はオプションメニューのその一つ。

 

遠赤外線サウナドームをご紹介。

 

スマーティ正売販売店ホームエステティックセンター

熱(ヒート)ショックで細胞強化と筋肉疲労防止ができますから、

 

筋肉のタンパク質を増加させ、運動能力を強化することもできます。

 

遠赤外線サウナドームは、この細胞が強化されたり

 

筋肉をほぐす仕組みを応用し、

 

アスリートのかぜの予防、疲労の防止、回復などの体調管理のために

 

採用されている信頼性の高い健康器です。スポーツ選手にもおすすめです。

 

そのほかにもたくさんのメリットがあります。

  

スマーティ正売販売店ホームエステティックセンター 

筋肉柔軟化

遠赤外線の温熱効果が皮下40ミリまで浸透。

それにより全身の血行・代謝を通常の3倍よくし、筋肉や腱が和らぎ、

弛緩しますので、ワークとの相乗効果が上がる温熱機として利用されています。それにより筋膜の癒着部位の解放時の痛みが減少、またはよりスムースに深層の筋膜まで解放できるようにアプローチされます。

美肌効果

 みずみずしく張りのある美しい肌をつくります。

老廃物の排泄機能

 遠赤外線輻射熱が細胞を直接マッサージするので、

新陳代謝がよくなり、末端の細胞まで栄養が行渡るようになり、

同時に不要な老廃物・不要な塩分を排泄することができます。
その排泄される老廃物とは以下の2種類のものがあります。

①人間の体脂肪がにじみ出てくるもの
「コレステロール:脂肪酸エステル、乳酸、余分の皮下脂肪」

②食物、空気、水や皮膚から身体内に毎日侵入し、

体脂肪に溶けて蓄積された、人の健康を害する化学物質
害物、毒物、発癌性物質、水銀、カドミウム、
ダイオキシン、鉛、重金属など

これらは皮脂腺・アポクリン腺の汗からのみ排泄できます!

汗腺の汗での通常の気温上昇、入浴、温泉、サウナ、運動でかける汗とは異なり遠赤外線サウナの大きなメリットの一つです。

免疫力上昇(循環器系の正常化{末梢血管への血流促進})
免疫学の進歩により、体温を1度高くするごとに免疫力は6倍に昂進することがわかってきました。

平均体温36.5度を37.5度まで上げれば体の免疫力が6倍。

38.5度にすれば2乗の36倍、39.5度にすれば約200倍も強くなるのです。

遠赤外線サウナドームは安全に体温を39.5度まで高くすることができます。

すなわち、免疫力を約200倍強くすることができるのです。
自分の体を消耗して体温を高く発熱する必要が無いので、

体温を高くしても倦怠感が少なくて清みます。

サウナが苦手な人でも大丈夫です。
また癌細胞は42度で死滅し、その温度に正常な細胞は耐えれるという特性で癌治療にも利用されてきています。

ダイエット効果
皮脂腺から脂質が溶け出すことと、一回の使用で、290~580キロカロリーを気化熱として燃焼消費してダイエット効果が期待出来ます。

 

  

加圧トレーニングの後、オイルマッサージの後などに是非

  

オプションとしてご利用ください。

  

遠赤外線サウナドーム 30分 ¥2000(税別)

 

 

Sante be Aile~サンテビエールは~

●『明治神宮前駅』から徒歩5分

 

●『表参道駅』『原宿駅』から徒歩10分

  渋谷駅からアクセス可能。

 

●営業時間は10時~23時です。

 

夜遅くまでやっていますので、お仕事帰りにでも可能です。

 

もちろん手ブラで大丈夫。

 

トレーニングウェアーの貸出、シャワールームも無料で利用できます。 是非お立ち寄りくださいね。

 

Sante be Aile~サンテビエール~

ご予約はお電話にて承っております。



 

0 コメント
ホームページ作成
ホームページ作成

ホームページ作成