ウィルピュアの秘密

日本では食材としてあまり馴染みのないトサカですが、

実は、海の向こうフランスや中国では宮廷や王宮の料理として

食べられていました。

宮廷や貴族の女性たちは、いつの時代もそうですが

美しくありたいと強く願っていましたし

そのためにはあらゆる方法を試していたのです。

当然その方法の中には、「食べて美しくなる」という

選択肢もあり、そのためには多額の出資を惜しみませんでした

お金と権力にものを言わせて最高の腕を持つシェフを集め

最高の食材を探し求め、「美しくなれる料理」を

作り上げていったのです。

そんな最高傑作の中に

ニワトリのトサカを使った料理があったのです。 

 

16世紀、イタリアの大富豪メディチ家からフランス王家に嫁いだカテリーナ(仏:カトリーヌ)は

現在のフランス料理の基礎を築いた人だと言われていまが

この貴婦人が好んで食べたものに

トサカ料理があっということです。

その時代でも、美容食材としては知られていたようで

若さや美しさを求める気持ちは今も昔も変わらないのです。また、同じように中国の王宮でも、高級料理としてトサカが食べられていました。

トサカには、若さの源の成分であるコラーゲン(たんぱ質)やヒアルロン酸(多糖類)などが、タップリ含まれていることが、研究者によって見出され

広く知られるようになっています。

ですから、中世のフランスや中国で、トサカを美容食材として食べていたということは、ある面

理にかなっていたと言えるのです。

ところが、当時の人々は“最高の食べかた”を

していなかったことが明らかになっています。

それは、折角の美容成分である、コラーゲンやヒアルロ酸は、そのまま食べたのでは、ほとんど身体に取り込むことが出来ないからなのです。美容に良いのかどうかの判断材料としては、食の素材自体の良さも当然必要ですが、もっと重要なのは、大切な成分がキチンと体内に取り込まれるかどうか、という点なのです。

 

 

 

実は、トサカを普通に食べてしまうと、トサカに含まれるせっかくの美容成分は、体内に取り込まれにくいのです。カテリーナは、トサカをパテにして食べることを好んでいたようですが、トサカの持つ美容成分である、

コラーゲンやヒアルロン酸は、煮ても焼いても人の体には、

そのままの形では取り込まれにくいのです。

 

 

この美容成分の宝庫であるトサカを、「食」として丸ごと処理をして、それらの成分を体に取り込みやすい形にする―そのための酵素処理技術を開発したのが、ウィルピュアの生みの親、若山祥夫博士なのです。 美容に良いと信じて食べ続けていた昔の王妃や貴族たちがこの事実を知ったら、とても羨ましがることだろうと思います。

 

 

 

 

ニワトリのトサカを丸ごと、独自の技術によって常温で酵素処理すると、ニワトリのトサカに含まれる成分を一切捨てずに、有効な働きをする成分を身体に取り込みやすい形にした原料が出来あがります。この原料を、若山博士はW-HA(ウィルヒアルロン酸)と名付けました。W-HAは、トサカを丸ごと処理して得られた原料ですから、その中には、トサカに含まれる成分である、ヒアルロン酸、コラーゲンやビタミン、ミネラルなどの美容有効成分をたっぷり含んでいるのです。
巷にあふれるヒアルロン酸やコラーゲン含有をうたう健康食品の多くは、単なる物質の寄せ集めにすぎません。W-HAは、トサカの完全分解化技術によって生まれた究極の美容素材=「食」の素材ですので、単なる物質としてのヒアルロン酸やコラーゲンとは、まったくレベルが違うのです。

 

 

 

このようにしてニワトリのトサカから誕生したW-HAに、

サメの軟骨を同じように丸ごと分解して取り出した

ウィルコンドロイチン硫酸(W-CO)などを加えて

ソフトジェル粒に仕上げたものが“ウィルピュア”です。

ヒアルロン酸もコンドロイチン硫酸も、

体の中の多くの重要な部位で水分保持をしている生体成分で、

多くの器官に含まれているムコ多糖類の一種。

特に潤滑力を必要とするところには必ずと言っていいほど

存在している成分ですが、年齢とともに減少し、

新陳代謝の低下や関節などの機能低下を引き起こします。

乾燥肌がシワに、血行不良は肌のくすみに、関節や骨、

目や毛髪の悩みもこれらの栄養素の不足が原因なのです。

そして、そういった症状を感じたら、

ぜひ一度“ウィルピュア”をお試しください。

「違い」が実感いただけるはずです。

 

 

ホームページ作成